2011年09月29日

浜松ホームページ作成 信号機会社トップ急死、会社「中国高速鉄道事故と関係ない」

中国鉄路通信信号集団公司の馬騁・董事長(代表取締役に相当)が心臓疾患のため急死していたことが23日、明らかになったことについて、7月23日に起きた高速鉄道事故でトラブルのあったと思われる信号機メーカーのトップの急死であり、その調査の途中で、事故責任の所在の認定の最終段階に突入していたタイミングだけに、さまざまな憶測が飛び交っているが、会社側は、「急死は、高速鉄道事故とは関係ない」と発表した。

 会社のホームページは23日現在、白黒モノトーン風に改められ、中国では広く採用される方式で弔意を示している。享年55歳。深セン出張中に発病、現場にいたスタッフによれば「突然の発病であって、手の施しようがなかった」という。関係者によれば、心臓などに持病はなかったという。

 会社の今回の発表によれば、「特に健康上の問題はなかったものの、事故の件でストレス、プレッシャーがたまっていたのは事実。突然の逝去は当社にとって悲痛であり、意外の念を禁じえない。しかし、(今回の急死は)7.23中国高速鉄道事故とは関係ない」とした。現在同社は善後策に追われている。(編集担当:鈴木義純)

ホームページ作成株式会社杉山システム
posted by ホーム at 12:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。